上野原機械器具工業協同組合について

山紫水明の地 上野原……古くから甲斐絹による織物の盛んだった町、上野原……織機の製造、修理の需要が機械産業の母体となる鉄工場を育成し、伸長させた。戦中戦後、時代の動きと共に電気機器、車輌部品、精密機械等近代工業の進出、織物工業より機械産業へと転換発展して来た市上野原……未来産業の動向に先き馳け、時代と共に更にはIT産業へと移行し、人類の生存と繁栄に寄与して、明るい豊かな市を築いてゆく市・上野原……過去を学びいつくしみ、今ここに設立50周年を迎えた組合を、更に60年、70年、100年へと歩み、組合員一同手を取り合って力強く進んでゆきたい。

 

無題1

 

Copyright(c) 2012 上野原機械器具工業協同組合 All Rights Reserved.